レイクの審査に挑む前にチェックした方がいいポイント

レイクを利用するためには審査を受ける必要がありますが、一体どういう人が審査に通り、逆にどんな人が審査に落ちてしまうのでしょうか。

 

今回は審査の中でも特に重視されると思われる項目について紹介しますので、これからレイクに申し込もうかと考えている人はお再度チェックしてみてください。

 

※参照|審査に通りやすいカードローンとその審査基準

 

■安定した収入があるかを確認

 

これはすべてのキャッシングの基本ですが「安定した収入がある」ということが絶対です。

 

なぜなら貸したお金は返してもらわないといけないわけですから、返済能力がきちんとあるかは必ず審査されます。

 

安定した収入というのはいろいろな考え方ができますが、やはり公務員や正社員として働いていることは有利になるのではないでしょうか。

 

逆にアルバイトやパート、派遣社員や契約社員などは正社員と比べると不利になるかもしれません。

 

しかし不利になるといっても、きちんと働いていればまず審査には問題ありません。

 

安定しているということは、それなりの勤続年数がある必要があります。

 

まだ働き始めてから1ヶ月とか2ヶ月であれば、審査に通りにくいかもしれません。

 

逆に半年とか1年以上、あるいは数年の勤続年数があればパートやアルバイトであったとしてもなんの問題もなく審査に通るはずです。

 

 

 

■借入が多すぎる場合は危険

 

借入状況についても特に重点的に調べられます。

 

複数のキャッシング会社からすでに借り入れているのであれば、それだけ返済が多いというわけですから、審査で警戒されてしまうでしょう。

 

もちろん収入が十分にあるのであればきちんと返済はできるでしょうが、できるだけ安全な相手に貸したいというのが本音ですので、完済できそうな借入がある場合には先に完済してしまった方がいいかもしれません。