簡単に返済が行えるレイクの返済方法5つ

キャッシングのレイクを利用してお金を借りている方のために、返済方法をまとめました。

 

借りるのは楽でも返し方がよくわからないという方は結構いらっしゃいます。

 

レイクの返済方法は5つありますので、それをご紹介します。

 

 

 

1、パソコンからでも行えるWEB返済

 

WEB返済はその名の通り、ネットを使って行える返済方法です。

 

大きな特徴は「手数料が無料」ということで、インターネットを使える環境にあるならば、いつでもパソコンやスマートフォンを使って借り入れしているお金を返済できます。

 

ネットバンキングは三井住友銀行、りそな銀行、楽天銀行、ゆうちょ銀行などと提携していますので、これらを使い、24時間返済可能な状況を作っています。

 

通常、一般的な銀行や郵便局は午後3時で閉まってしまいますが、ネットバンキングは時間の制約を受けませんので、営業時間外でも問題なく返済が行えます。

 

 

 

2、カードを忘れても返済可能なレイクATM

 

レイクATMは自宅の電話番号か携帯電話の番号、生年月日、カード番号を入力すれば返済できるATMです。

 

カードを忘れてしまっても返済ができるというのが嬉しい魅力となります。

 

レイクATMを使える利用時間は深夜24時までとなっており、24時間営業ではないのですが、自前のATMとしてはかなり長い時間まで使えるようになっています。

 

 

 

3、忘れっぽいあなたに自動引き落とし

 

返済日を忘れるということは絶対にしてはいけません。

 

万が一遅延した場合、その情報は遅延情報となり、今後、新たなカードを作る機会があったときに事故情報として記録されてしまいます。

 

ですので、忘れっぽい方には自動引き落としがおすすめです。

 

返済日に指定金融口座から自動でお金を引き落としてくれるため、非常に便利に使うことができます。

 

自動で引き落とされるので手動で返済を行うこともしなくて良いですし、遅延も防ぐことができます。

 

 

 

4、コンビニ等の提携ATM

 

レイクの返済は全国のコンビニATMから24時間365日返済することが可能となっています。

 

利用コンビニは全国展開しているコンビニならどこでも返済できますので、たとえ出張先であっても返済が可能となります。

 

 

 

5、指定口座への銀行振込

 

レイクへお金を返済する方法は銀行振込という方法もあります。

 

あなたが普段利用している金融機関からレイクの指定口座に銀行振込をすることで返済ができるようになっています。

 

そのさいにかかる利用手数料は利用者負担となりますので、この方法は他に手段がないときの最後の手段にしておくほうが無難です。

 

レイクへの返済方法はコンビニや自動引き落としなど、お得な返済方法がたくさんありますので、そちらの方法をまずは使ってみたほうが良いでしょう。